ドイツ日記 マイスターへの道

最近は、定休日で完全に休める時は何にもしない秋田です。

完全に休める日、というのはありがたいことに中々ありません。この半年くらい、気付かなかった時を含めて2,3年くらいでしょうか、体調を崩していたこともあり、今は時間を忘れる時間を作るように心掛けています。その話もまた追々。。。

マイスターへの道、といってもどうしてこのようなつくり方に辿り着いているのかを考えてみると、やはり過去にどのような事が起き、どのように考えたのかとても大事ではないかと思います。人格形成ともいうのでしょうか。

それには高校時代に突入するのはまだ早いのではと思い、もっと掘り下げてみたいと思います。

小学校時代とんでもない先生がいました。
3年生・4年生の担任だったかなァ今だったら間違いなく問題になるはずです(苦笑)

同級生ならピンと来るはずですね〜

クラス替えは2年ごとだったので、3年時終了する間際はどれほど皆で喜んだことか!笑

私たちは明日、解放されますー

しかしその喜びは4年時始業式の日にあっさりと崩壊。。。
始業式で担任が発表されていく中、人気の先生に当たったクラスの子供たちは声を上げ歓喜!

私もドキドキしながら・・・でもまだ〇〇先生呼ばれてないやん!と二重にドキドキしながら

発表!

からの4年生生活
      始業式にて終了!

皆、子供ながらに気を遣ってどうとも取れない拍手や歓喜を送っていましたね。。。

何処に怒りのスイッチがあるのか分からなかったので、探りながら接していたことを覚えています。

この年代で、このクラスの友達は気を遣うこと、人生とは理不尽なことがあるのだと自覚したのではないでしょうか?少なくとも私はそう思いましたね。

いきなりドイツで働き始め、理不尽さを味わうよりも前もって免疫を作れていたのです。

いろいろ経験した方が良いというのは、色々な感情を育てておいた方が良いということでしょうか。それにより受け取り方も違ってきて、相手の深意も組めるようになるのでしょう。

例えば、友達が先生と談笑している際(それが出来る雰囲気・場合もあるんです!だから我々は路頭に迷うのです!)遠目に見ていた際、心の中で

“そこまで言ったら・・・ダメだろーーー・・・!!”
“・・・ほれみよ〜(ほら、見たことか)泣”

終了

というのは多々ありましたね。。。

人間、地に足をつけていないと、調子付いてしまうと、必ず痛い目に合う、と肝に銘じました。


どのカテゴリーの先生にも言えることだとは思いますが、一緒に遊んでくれる楽しい先生でありながら、道徳を伝えられる方が小学校の先生に居たならば子供たちは幸せだろうと思います。

勉強も勿論大事でしょうが、人としてのマナーや集団生活においての気遣いをさりげなく伝えていける様な感じです。

5年生・6年生の担任、その時に赴任された校長先生はとても素晴らしかったのを覚えています。大人というよりは、相談の出来る年の離れた兄のような存在だったと記憶しています。

サッカー部の顧問の先生もとても素晴らしい先生でサッカー未経験でしたが、以前の顧問の先生から色々と教わって楽しくサッカーをしていたのを覚えてます。

そして特に夕暮れが印象的でした。

学校の校舎を濃い紅で染めていく、その中でボールを追いかけ、ただ純粋に楽しんで遊んでいた光景です。

この夕暮れの印象が中学時代・高校時代・大学時代・ドイツ時代と違ってくるのです。

部活を始めるまでは特にそうでもなかったと思いますが、4年生で始めた際、肥満児ということもあり母親が食生活に気を遣いはじめます。

お菓子・ジュースなんかも程遠い食生活に代わっていきました。この事が現在の私にとてつもない影響を与えているのは言うまでもありません。

ーある日の朝食の風景。
朝練があるので早く学校に行かなければなりません。

味噌汁(自家製みそ)、玄米、梅干し、煮干し、玉子焼き(養鶏ふ化業ということもあり自家鶏卵)、サラダが定番だった朝食にゴマ入りのおちょこがありました。

ご飯にかけるのかな、どうするのかなと思っていると

“よく噛んで食べなさい”

えっ・・・!?

様々な想いが交錯した瞬間で、そういう食べ方もあるのかー

そして今、ゴマや玄米、穀物系は大好きなのですが、その時からそういったものの旨味を開眼させられたと思います。

素材の持っている旨さを感じる感覚を養うのに、とても良い方法だと思います。勿論ほかの素材もいいとは思いますが、ゴマや玄米・穀物の旨さから入っていった方が、入り易いと推測します。

ザクロ爺との出会いと役回りへの不満

この時代に度々感じた感情のひとつに先程もでた理不尽さがあります。

ある日の学校帰り。
ザクロの木があって、友達数人がザクロをとって騒いでいます。
たまたま通りかかって、友達が騒いでいるので見ていると、その後、ザクロ爺と名付けられる爺にいきなりビンタを喰らいます。

当時ダントツに身長が大きかったこともあり(デカいというだけで目立ち先導しているように見られる。)勘違いされる事が多々あり、何でオレばっかりとやり場のない怒りと悲しさを味わうことが多かったです。

両親の考え・教育、勘違いされているだけで、自分が間違っていないのであれば、その内に理解されるはず、という耐える考え方で、私もそういった考えになっていきます。

ただこれはとてつもなく大変なことで理解されるまでに如何ほどの時間がかかるか分かりませんし、または勘違いされたままで終わってしまうこともあります。

そういった親を見ていて、よく耐えられるな、と思うことも沢山ありました。

この耐える行為は信じるということにも繋がり、この強い気持ちが後のドイツ時代にもとてつもなく役立つのです。

次は中学時代回想しますー


ドイツ日記 

最近更新しておりませんでしたが、ドイツでの暮らしぶりや何故ドイツへ渡ったのか?聞かれることもありますので、忘れやすい自分の為にも時系列的に書いていければと思っています。


ドイツへ渡った経緯は、サッカーと切っても切り離せません。。。

まだ部活全盛の時代のころに、本当は野球少年になりたかった私です。地元の稲西小学校に通っていた私は当時、所謂、肥満児でした。
4年生になり部活に入ることになります。当時は半分義務的だったような記憶がありますね〜

ただ小学校の野球部がかなりの弱小であったことから、運動量の多いサッカー部に入部を勧められます。ただ、皆、サッカー部と野球部は兼任していた感じです。

嫌々始めたサッカーでしたが、成長期と共に体形が縦に延び(!?)徐々に試合に出られるまでになりました。

そんなころには、野球よりもサッカー熱が強くなり、6年生のころは丁度、Jリーグ元年。地元から鹿島アントラーズに入団していた秋田豊選手も学校に来てくれたりで、益々サッカーをする、していく、ということが日常になってきます。

この地域の小学生の一番の大会で中日大会というものがあり、最後の大会は今までの小学校の歴史の中で最高の成績を収めることが出来たのです。市内で3位でしたね。名古屋市は学校も多いしどれだけ戦ったんだってくらい戦いましたね(苦笑)自由なサッカーを教えてもらったと思います。

ただし、ここからが問題で、中学校は伝統的にサッカー部の強い強豪校でした。この時点で、3人くらいはJリーガーが誕生していましたし、それ以前の日本リーグ時代も含めたら結構いたのではないでしょうか。。。

小学校のころからその中学サッカー部の厳しさを知っていたので、例えばサッカーを小学校でやらせていても、中学校ではダメ!という父兄が殆どだったと記憶しています。元気な(??)先輩方も多い中学でサッカー部もそういった方々が多かったので心配していた、のだと思います。。。

あれだけサッカー部を拒否し野球部に入りたかった私ですが親を何とか説得し入部することになります。

友達は入部に際し、その子のお兄さんに猛烈に反対され殴られたって話も聞きましたね、それほどに厳しかったんだなーと想像していただければ、幸いです。

・・・でもやっぱり地獄でしたね(笑)
ただそのおかげでその後も、サッカーが続けられたんだと思いますし、色々なことを勉強させられた濃い中学校生活でした。

あと本当に・・・本当に自分では言いたくありませんが・・・実は勉強が出来ました。ただ過去形です(苦笑)

豊正中学に入学した時もオール5くらいで、中学1年時の担任には、高校はどこへでも行ける、と言われていました。

ただあまり大人を信用していない性格もあったと思いますので、信用はしていなかったのを今でも思っています。ハイハイという事を聞き、場を乱さず、空気を読む様な印象を与えていたと思いますが、内面はそういった感情があったことを覚えています。

若いころ思った方も多いと思いますが、勉強の必要性とかですね、丁度そのころそういった事を考え出して、目の前にサッカーがあるのだから、しなくてもいいじゃん。と思ったが最後、なんとかある程度はキープしていたものの、3年時にはどこでも選べる状態、ではありませんでしたね〜。
中学時代は、なんとかサッカー部の伝統(大会での)を守れた、というのが結果です。1年生のころには3年生たちが全国大会出場ということも経験しましたが、私たちの年代はなんとか、伝統を守ることで精いっぱいでしたね。それも20年連続とかがかかっていたのでプレッシャーの中での3年間でした。

それでも、サッカーが好きだったのでしょうね。当たり前の様に高校でもサッカーをするのを第一に高校選びが始まるのです。

運送会社につきまして。

現在までヤマト運輸のクール便のみでしたが、今後ゆうパックの冷蔵便をメインにしていく予定でございます。運賃の値上げを避けるための策でギフト利用のお客様、ネットショップのお客様をはじめ、発送をご希望されるお客様の負担が大きくならないようにと考えました。何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。  

白カビのドライソーセージ解禁です!

お待たせいたしました。

昨年度より3日早い解禁となります。

AkitaHamの冬の味覚をご賞味ください。

今週木曜日からは、ドイツ大使館主催のドイツフェスティバル2016に参加していきます。

場所は都立青山公園です。

こちらも宜しくお願い致します。

AkitaHam

パキッとジューシーという矛盾

月曜日まで茨城遠征でしたが、厳しい遠征となりました。違う地域に行くたびに、まだまだということを再認識しとても勉強になりまます。そういった経験をするため、慢心しないために外に出る、ということをしています。

その中で、頭の中ではわかっていても、お客さんに対して伝わるように説明することを考えていくことが重要になってきます。

今回新しく説明できるようになったことがありますのでここで説明させていただきます。

この日本において、パキッとジューシーなソーセージ、が好きな方が多いと感じています。実際にそういったソーセージをください、と仰る方も少なくありません。

実はこの言葉の中には矛盾が存在しています。説明できなかったた当初はそういったものはないんですよ、としか言えませんでした。

簡単に説明していきます。

パキッととは
固さが必要

ジューシーとは
脂またはそれに加えて水分が必要

肉を焼いてもお分かりのように、赤身は固くなり、脂は冷めてもある程度の柔らかさを保っています。

ソーセージを割って肉汁がだらだら出てくるくらいのものは、相当の脂・水分が入っているはずです。そういったものがパキッとなるはずがないのです。

なぜパキッとなるのか?それが結着剤(リン酸塩など)添加物が
関係してくるわけです。

経験上、リン酸塩を使えば脂のしつこさも消えてくれます。それは多量に入っていたとしても脂っこくないということです。仮にその量でリン酸塩を使わなければ、とても食べられたものではありません。しつこすぎるわけです。

それに加えて、製造過程で火を通すときに水分の放出を抑えてくれるので、販売者にとっては重量が減らない、高く売れるということでよいことだらけです。

まとめとして

脂(低コスト)そして製造過程での重量を避ける
食べられるように化学調味料などで味付けする
パキッと食感をもたらしてくれる。
(固さをあたえてくれる)

自然な食感・味を広めるべくこれからも遠方にも行きます。
お近くくお越しの際はよろしくお願いいたします。

気になりましたのでご報告。

少し気になったことがありますので報告させて下さい。
AkitaHamはAkitaHamでその他の名前はありません。Akitaというのも私の名字、秋田から来ているものです。

我々のスタッフがお客様から、~の系列店ですかと聞かれたようです。系列店というほどの規模ではありませんし、先ほど書かせていただいたように、AkitaHamの秋田という名字がついているものしかありません。

...

本店は中村区稲葉地町、こちらで製造しています。
物販による支店は覚王山センタービル内の覚王山店です。

製造は秋田本人が一人で行っています。

今回、そのままにしておこうと思いましたが、1週間のうちに数度、同じ質問を受けたようですので報告させていただきました。

関東圏イベントのお知らせ

10月2日日曜日は、千葉県市川市主催のドイツデーに参加します毎年参加させていただいておりますが、バイエルン州ローゼンハムとのパートナーシップにより毎年行われています。

そして11月3日文化の日〜6日(日)は都立青山公園で行われる、ドイツ大使館主催のドイツフェスティバルに参加します。
唯一の大使館主催(だと思いました。)なので、いつもとは違ったメニューを持って参加します。よろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/Deutschlandfest

...

8月イベント決定分。

お近くにお越しの際はよろしくお願いいたします。 8月7日(日)10時〜15時 瀬戸・銀座なんでも生き生きマルシェ 8月12日〜14日 (物販) 覚王山フランテ 8月20・21日(試食) サポーレ 8月21日(日)11時〜16時 岐阜・柳ヶ瀬 サンデービルヂングマーケット 8月26日(金)27日(土)16時〜21時 ナヤバシ夜イチ  8月28日(日)9時〜15時 半田赤レンガ建物マルシェ (ソーセージ・スープ販売)

覚王山店オープン。

覚王山店がオープンして1週間が過ぎました。お客さまからお心遣いを頂戴し誠にありがとうございます。
新規オープンにあたり、オープン告知のチラシ等、宣伝をした方が良いのではという事も考えましたが、今まで通り宣伝をせず地道にやっていこうという結論に至りました。スタッフもまだまだ新しい場所に慣れていませんのでお手数をお掛けしますが今後ともよろしくお願いいたします。
温かいお言葉に恥じないよう、これからも精進して参ります。
AkitaHam

覚王山店7月15日(金)オープン!

今週金曜日より覚王山店オープンいたします。引っ張ってしまい申し訳ございません。
営業時間は、物販のみという事で、悩みましたが14時〜18時30分、定休日は月曜日・火曜日です。(基本催事で動いてくれているスタッフさんがおります。)

新しい場所なので、なれない部分も多々あると思いますが何卒よろしくお願い申し上げます。

...

覚王山の参道の向い、覚王山センタービルの一階、中に入ると学習塾さん、旅行代理店さんのあるところでございます。

一部間に合わなかった資材がありますので、途中御迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

ページトップへ